【生後4ヶ月】授乳の間隔と成長&発育!育児はパパにも任せて♪

2019年7月12日育児

皆さんこんにちは♪
パパの育児参加を
もっと世の中に広めていこう

と、しているYu-Papaです。

今回は生後4ヶ月の我が子(以後Yベビさん)の成長で体験したことを書いていこうと思います♪

広告

生後4ヶ月の体重増加と授乳のリズム

まずは、生後3ヶ月~4ヶ月の1ヶ月で
Yベビさんがどれだけ体重が増えたのか
検診の時に記載してくれている数値を
見比べてみました

見ていただいてわかるように、
約700gも体重が増加しています!

流石に生後3ヶ月頃のように
出生体重から倍近くの体重変化はありませんが、
生後3ヶ月関連記事はこちら

700g増加しただけでも抱っこの大変さがかわってきます💦
抱っこにかんしては後に記載してあります☆

・授乳しても飲まない!?夜泣きとの関係

生後4ヶ月になってからの授乳時間は、規則性は一応あるのですが、
夜の時間が少し不規則になってきました。

理由としては、夜中の睡眠が浅く、軽い夜泣きをすることもあり、
起きる頻度が生後3ヶ月に比べて多くなったのが要因と感じています。

生後4ヶ月時期のYベビさんの一週間の授乳時間を表にしてみました。

表に記載してある「 ※ 」マークで
青色の「 」範囲は夜泣きで起きることが多いです。

夜泣きとは

夜泣き(よなき)は、赤ん坊幼児が、夜間睡眠中に目を覚まし激しく泣くこと。中でも特にはっきりした原因がない場合を指すことが一般的である。生後6か月から1歳半くらいに多く見られる。掲載元=Wikipedia

お腹が空いたときのような泣きかたで起きるので、
お腹が空いていると思い、妻が授乳しようとするのですが、
ちゃんと飲んでくれません。

原因はハッキリとわかりませんが、
考えから推測すると、

お腹が空いていると言うよりも、
授乳してもらうことで

気分が落ち着くから欲しがる

と言うような状態でした!
実際、授乳しようとしてもくわえて遊んでるだけのことが多かったです。

・授乳回数や授乳時間から見える生活リズム

赤色の「 」範囲は一見バラバラに見えるのですが、

この範囲での授乳は毎日必ず2回

と、時間帯こそあまり規則性はないのですが、
回数に規則性があります。

これはお昼の「12:00PM」に授乳した後から
Yベビさんがお昼寝し始める時間によって

次の授乳時間にバラつきがでてきています。

・お昼寝がだいたい
決まった時間量(約1時間)寝ています♪

また、「9:00PM」の時間帯を見ていただくと

すべての日が同じ時間帯に授乳しています。

これは、生後2ヶ月頃から習慣的にこの時間帯に授乳してから寝ることを続けてきたことで、
Yベビさんの生活リズムが定着してきた結果です。

・授乳(ミルク)の時のパパの必要性

授乳となると、パパは戦力外ですが
起きてママの身の回りのことを補助するくらいはパパでもできます!
また、ミルクであればパパでも飲ませてあげることはできます♪
補助要員でも良いと思います、パパも育児参加しましょう♪

目覚ましい発育!首が座って抱っこの体制に変化が!?

生後4ヶ月になると、縦抱きで抱っこしても首がグラつかなくなり、
辺りの景色を見回すようになりました。

今まで、お空や天井の景色が多かったYベビさんですが、
首が座り、縦抱きすることが多くなってからは、

景色を立体的にとらえたり、
遠くのものや、近くのものを
区別するようになってきました。

その結果?なのだと思うのですが、

抱っこの体制に変化が!

と言うのも、首が座る以前までは、
しっかりと首が座りきっていないので、
横抱きで抱っこすることが大半でした!

実際、Yベビさんも横抱きで落ち着いてくれていました。

しかし首が座ることで、辺りを見た景色に
奥行き立体感がうまれ、
今まで感じることのなかった新しい世界を体感したことにより、

常に縦抱き抱っこ希望の日々に💦

・疲れる抱っこを助けてくれた育児アイテム

縦抱っこ希望になったことで、
横抱きするとイヤだーっと泣き出す始末!
これが、けっこうな労力で

「流石にママもパパも常に縦抱きは限界だ~、、」

と、なっていた時に助けてくれたのが抱っこ紐でした☆
初めから使っていれば良かったのですが

正直、首が座るまではそこまで出番がなく、使い慣れていなかったのもあり、

「抱っこ紐を使おう!」

と言う気持ちがそもそもで、あまりありませんでした💦
しかし、この頃から抱っこ紐はありがたい育児アイテムだと痛感しました!笑

・抱っこは力のあるパパの役目!?

毎日朝からずっと抱っこするのはママも凄くしんどいです!
パパが抱っこを代わってくれるだけでも
だいぶママのしんどさが違ってきます。

抱っこ紐を使って
抱っこしてるから大丈夫

とはならずに、
休みの日やお仕事から帰ってきたらママに代わって
パパが抱っこしてあげてください♪

マイナビwomanさんのサイトで抱っこのやり方を説明してくれています♪こちら

いつから始まる?離乳食の開始間近?

生後4ヶ月中頃になるとママとパパがご飯を食べているのを見て

「食べたいよ~」「なにそれ~」

と、思わせるような行動をするようになりました。
なぜかと言うと、
ご飯を食べてるときに

・手を伸ばして掴みたがる
・ご飯を見てヨダレが垂れる

このように食に興味を持ち始めた初期動作をするようになりました♪

・スムーズに離乳食を始めるために、トレーニング!

生後5ヶ月から始まる離乳食の為にも、

スプーンなどが口に入っても
口から押し出さないように

歯固めなどで
トレーニングを開始することに☆

↑↑↑↑↑↑
離乳食スプーンでトレーニングしている写真です♪

写真のように口のなかに入っても嫌がらないようにする事で

スムーズに離乳食を始めることができます♪

実際に離乳食で使うスプーンを渡してあげてトレーニングすると効果的だと思います♪

*離乳食で使うスプーンを渡してあげる場合は、喉を突かないように注意してあげてください!

・ちなみに離乳食スプーンは温度でスプーンの色が変わる物が凄くオススメです♪

・誤飲を防ごう!パパの気配りが重要

食に興味を持ち始めるといろんな物を掴んでは、口へと運ぼうとします。

そうなると危険なのが誤飲です!

赤ちゃんは食べて良いものと駄目なものが区別できません!

しかし、誤飲しないようにママ一人で常に気を配るのは
精神的にも体力的にも凄く疲れてしまいます!
たまにTVやニュースで取り上げられる

・「うちの旦那はスマホでゲームばっかり!!」
・「旦那は帰ってきても全然育児を手伝ってくれない」

と、ならないように
パパもママと一緒に赤ちゃんに目を向けて、気配りしてあげましょう♪

パパが気にかけてくれるだけでママの気が休まる時間ができます!
そうなれば、自ずと

お互いが自由にできる時間が増える

ことに繋がりますよ♪

まとめ

生後4ヶ月になると赤ちゃん自身のできることが増えて
いろんな事に興味を示し始めることが
Yベビさんの成長記録からわかりました♪

同時に、できることが増えたことで、
私たち親が気にかけていかなければならないことが増えたことも事実です!

増えたことによりパパの育児参加がいかに大事なことか
この記事で少しでも感じとっていただけたなら幸いです♪

パパが育児に参加することで嫌だと思うママは僕が思う限りでは
限りなく0に近い値だと思います!

まずは、ほんの少しでも良いと思います☆
一歩踏み出してパパも育児に参加してみてください♪
僕もまだ新米パパです!
お互いに頑張りましょう♪

ちゃんと育児参加してるパパはそのまま継続ですよ☆笑

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

育児

Posted by Yu-Papa